将来の「パートナー」へのメッセージ

  私たちと一緒に仕事することをご検討いただいている皆様に、当事務所の理念や体制等についてご紹介します。

「真に依頼者本位の法律事務所」として

▶  当事務所の思い

  当事務所に所属する弁護士は事務所理念を共有し、依頼者に対して最善のリーガルサービスを提供するべく、常に熱意とプロフェッショナルとしての気概をもって全ての案件に取り組むとともに、不断の努力を重ねています。
  また、当事務所は、絶えず変化する社会情勢や新たなリーガルニーズに対しても迅速、的確かつ柔軟に対応し、従来の枠組みや考え方に凝り固まることなく、様々な意見を取り入れながら発展してきました。
  私たちは、事務所に所属する弁護士を、単なる業務の担い手ではなく、理念を共有し、苦楽を共にしながら、将来の当事務所を創造していくパートナーと考えています。

▶ 組織として強い集団であり続けるために

  当事務所は、依頼者を事務所全体のクライアントとして位置付け、事務所全体として総合的なリーガルサービスを提供しています。
  私たちは、「組織として強い集団」であることを志向し、弁護士間において多種多様な案件の処理により培われた知識、経験、ノウハウを積極的に共有しています。
  各弁護士が担当している案件に関する法的論点や留意事項等についての意見交換の場を設け、専門分野や法改正に対応した勉強会を開催し、案件処理のノウハウ、最新判例や法改正について事務所全体で共有しています。
  とりわけ、私たちは、弁護士のみが任され、当事務所の礎でもある「訴訟」に関する実力を磨くべく、弁護士の年次を問わず訴訟戦略や証拠評価等について日々議論を重ねています。

弁護士として成長するために

▶ 総合力の上に専門性を兼ね備える

図書室
図書室

 当事務所は、総合力の上に専門性を兼ね備えた弁護士の集団であることを目指しています。
  専門分野ごとの部門制を採用せず、入所後は、企業法務から一般民事事件、刑事事件まで、あらゆる類型の案件を経験します。
  各案件について、2名以上の弁護士が共同して担当し、新人弁護士は、各種案件の処理を通じて、先輩弁護士からきめ細かな指導を受け、意見交換を重ねることにより、弁護士としての成長を果たすこととなります。
  また、特定の弁護士とチームを固定して組むことはせずに案件ごとに異なる弁護士と共に業務を行いますので、様々な弁護士の仕事ぶりに触れ、多様な知識、経験、ノウハウを吸収することができます。
  そして、業務状況や本人の希望に応じた案件の配点等により、各種の案件を取り扱う中で、徐々に一定の分野に関する知識、経験、ノウハウが蓄積され、最新の問題にも的確に対応できる専門性を獲得することとなります。

▶ より専門性を身につけるための支援(留学・出向等)

留学中の様子
留学中の様子

  当事務所は、留学や出向を希望する弁護士の意思を尊重し、積極的に支援しています。
  これまで、米国・EU各国や中国・東南アジア諸国への海外留学が行われており、当事務所としては、留学中の生活面のみならず、各国の提携先法律事務所にて研修を実施してもらう等、積極的なバックアップを行っております。
  また、金融庁、国土交通省、国税局、特許庁といった官公庁や、民間企業への出向も行われており、各弁護士は留学や出向を通じて習得した語学力や法制度に関する深い知識、ビジネス上の専門的な知見・人間関係等を業務に活かし、活躍の場を広げています。

風通しの良い事務所づくり

▶ 事務所内の活発なコミュニケーション

ミーティングの様子
ミーティングの様子

  風通しの良い事務所であることは、各弁護士の成長のためのみならず、活発な議論に裏打ちされた良質なリーガルサービスの提供という観点から依頼者との関係においても極めて重要であり、当事務所では、期を超えた弁護士間のコミュニケーションを重視しています。
  また、私たちは、若手弁護士の成長を強く願っており、若手弁護士の成長なくして事務所の持続的な発展はないという理念を共有しています。若手弁護士から先輩弁護士に対し、執務に関する疑問点だけでなく、様々なことを気軽に相談することができる風土にあり、チューター制度も採用しています。
  業務外でも、定期的な食事会など、親睦を深める行事を多数開催しているほか、テニスやゴルフ、フットサルなど、共通の趣味を持つ弁護士や事務員によるサークル活動も活発に行われています。

▶ 大阪・東京・広島事務所の交流


各拠点でのテレビ会議の様子

  当事務所は、大阪・東京・広島に3拠点を有しておりますが、全体としてワン・ファームであり、大阪・東京・広島事務所間での交流も活発に行われています。
  毎月1回、各拠点をテレビ会議で繋いで全体会議を行うほか、例えば、大規模な案件や複数の地域にまたがる案件などでは、テレビ会議システムや電話会議システムを積極的に活用し、大阪・東京・広島事務所の弁護士が共同して対応しています。事務所旅行や親睦会、忘年会なども事務所全体の行事として開催しています。

▶ 弁護士の健康、ワーク・ライフ・バランスへの配慮

事務所テニスの様子
事務所テニスの様子

  当事務所にとって、事務所に所属する弁護士・事務員全員はかけがえのない仲間であり、常に最高のパフォーマンスを発揮するためにも、各人が心身共に万全の状態で業務に臨めるような体制作りを心掛けています。
  そのため、私たちは、所属する弁護士の健康やワーク・ライフ・バランスにも気を配り、年に1度、健康診断(人間ドック)を実施するほか、共同担当制を採用し、病気・怪我等の突発的な事故・事象が生じた場合や新婚旅行等の長期休暇の場合には、チームとしてカバーすることで、安心して休養や休暇をとれるよう配慮しています。
  さらに、産休や育休に関する制度も整えており、また、産休・育休からの職場復帰に際しては時短勤務もできる制度を採用しているほか、子育てをしながらでも仕事ができるよう、個別の事情に応じて積極的な支援を行っています。

  • お問い合わせ
  • ページトップへ